投信を換金する場合

  • 2009/03/16(月) 22:24:11

投信を購入したような場合ですが、基本的には中期〜長期に渡って保有する感じのことがかなり大事です。しかし、何らかの事情により実際に途中で換金をしてしまうというケースは意外にも多いです。換金を申し込むようなときには、インターネット、窓口、あるいは、電話などで申し込む方法がかなり一般的ですが、各会社によって方法は実際に異なるでしょうからその販売会社にチェックをしておくことが必須です。

ここで、投信の換金に関して少しお話してみたいと思われます。まず換金の申込みの方法ですが、販売会社にファンドの換金の意思をまず申し込みます。この時、ファンド名、口数、あるいは、自分の銀行口座の情報をしっかり用意しておいた状態で申し込むようにきっとして下さい。次に、実際に解約されると申し込み時に指定した感じの口座に解約金がきちんと入金されます。ここで注意して欲しいのは銀行ではないので実際に解約したらすぐ入金されるような訳ではないという感じのことです。普通は申込から4営業日目程度に入金されるような場合が多いです。

投信の換金方法に関してですが、販売会社を通して一部のみを解約するような方法の「解約請求」と販売会社にファンドを実際に買い取ってもらう感じの「買い取り請求」という二つの換金方法があります。どちらにしても、課税対象額に対して実際に源泉徴収がきちんと徴収されます。現在は10%の扱いですが、平成21年4月からは、実際、20%の徴収額の扱いになるそうです。
ただし、投資家が直接税務署に申告するようなことは必須でないので、実際、お間違えのない様にしてください。

以上が投信を換金するような場合の基礎的な感じの流れとなります。詳しくは各販売会社にきちんとお問い合わせして聞いてみましょう。


⇒ ハゲタカ債券投資法

ナースと助産師

  • 2009/03/07(土) 00:32:20

さて、今度は助産師に関して知識を少し得ましょう。保健師よりは、どのような業務内容なのか見込みが付きやすいです。助産師さんに実際にお世話になった方も多々いらっしゃるかと思われます。
ナースに関しては、医師の指示を受けて、それを元に病気を患った患者さんに対して実際に看護をする感じのものが業務と前述した通りです。それでは、一体、助産師はどうでしょうか。

助産師に関しては、妊娠を契機に、出産あるいは、育児まで母性に関する専門家として継続的に母子に関して関わっていく感じの事が業務内容です。妊娠や出産に関しては大変大きな感じの不安を抱えます。その妊産婦の不安や恐怖感をちゃんと緩和してあげる事や、心おきなく出産できるように、妊産婦への保健指導・出産時の介助あるいは、育児相談などを行うような事が大きな業務内容です。

無事に出産したような後も、育児指導あるいは、家族指導と業務はちゃんとあります。また思春期の女の子の性教育に関わるような事もありますし、夫婦間の家族指導あるいは、不妊治療の援助に関してもあります。
助産師の醍醐味と言えば、生命の誕生に実際に立ち会えるというような事です。ひとつの命とたくさん出会えるという感じの感動に多々立ち会えて、凄く醍醐味的な業務と言えます。

さて、助産師に関しては、一体、どうやってなれるのでしょうか。
保健師同じように、ナース免許を取得済みであるような事はだいたい大前提です。その後に助産師学校に1年間程度通います。そして卒業後に関して助産師の国家テストを受験し見事合格後に、助産師免許取得という感じの流れになります。こちらも、4年制大学でナースあるいは、助産師のW受験が実際に可能です。中には、保健師・助産師・ナースの3つを全て受験するというような凄い学生もいるんです。

赤ちゃんがかなり好きで助産師になりたいと実際に夢見ている方は、結構多くいると思われます。少子化な感じの日本ですが、それをどうにか回復しようと実践行動ができる感じの助産師が生まれるときっと心強いし、日本にとってもかなりプラスな事です。

向上心を持った感じの助産師を目指す方が、実際、増えてくれると嬉しく思います。

⇒ いま楽天で話題の「ナース」